このページのトップへ
ホーム » 外構リフォームのポイント

外構・庭のリフォーム工事

エクステリアリフォームで
今の暮らしをもっと快適に!


エクステリア(外構)&ガーデン(庭)のリフォームは、玄関まわりの悩み・駐車場まわりの悩み・ 庭まわりの悩みなど様々な建物まわりの悩みを解決します。

家族の成長やライフスタイルの変化に合わせて、リフォーム工事を行う事で素晴らしい暮らしの世界を広げてくれます。
ClipboardImage
エクステリア&お庭工事のご相談 ベスト10

1 庭の草取り・生垣の手入れが大変!


2 車が増えたので、駐車場のスペースを広げたい!


3 門扉・フェンス・ブロックの老朽化で心配!


4 家族や友達とバーベキューなど憩のスペースがほしい!


5 雨でも乗り降りしやすいように車のためにもカーポートを付けたい!


6 リビングから直接でられるようなウッドデッキがほしい!


7 庭をスッキリしたいのでトータルコーディネイトしてほしい!


8 雨の日や花粉症の時期にでも洗濯物が外に干せるようにしたい!


9 防犯面を考えてオープン外構をクローズ外構に変えたい!


10 道路からの目線が気になるので目隠しがほしい!

外構・エクステリア・お庭のリフォーム「成功」のポイント

早めの専門業者による相談が、デザイン・コスト共に重要です!
 
リフォーム外構と新築外構との大きな違いは、既存の物を解体して新しく造るということなので解体や掘削などの範囲をできるだけ少なく計画し、給排水配管など埋設物をできるだけ工事部分と重ならないようにする。

どうしてリフォームをしたいと思ったのかを家族で話合いましょう。
新築外構と違い、リフォームは壊す費用も掛かりますので、そのことを理解した上で、何のために何処まで、どのようにリフォームしたいのか家族でみんなで話し合うことが大切です。

「車が増えたので駐車スペースを広げて・・・」
「門まわりをおしゃれで使いやすく・・・」などリフォームの目的を明確にする。

リフォーム計画は、家族の希望と共に敷地の状況や廻りの環境が大きく影響します。
隣地や通路の関係、給排水管やマスの位置など廻りの環境を考慮した上でリフォームの計画をしていきます。

既存物は残せるのか? 
解体費用はどのくらいかかるのか?

まずプロに現地調査をしてもらうことが、リフォーム計画の第一歩になります。
Before|After


ClipboardImage
ClipboardImage
Before|After


ClipboardImage
ClipboardImage
リフォームギャラリー

ホーム » 外構リフォームのポイント
LINE@

LINE@はじめました!
アシストからのお知らせや最新情報をお届けします。
 
LINE@

QRコードを読み取って、
ぜひ「友だち追加」を
お願いいたします!
 
 
株式会社アシスト
〒286-0221
千葉県富里市七栄468-9

アシストのSNS
アシストのInstagram